次回公演: 2018年5月3日- 2018年5月5日

空間再生事業 劇団GIGA
☆☆GW期間限定☆☆

夢野久作劇場
2018年 春「ギガ夢かわいい」


チラシPDF >>こちら
Twitter @spacegiga「#ギガゆめ」

【夢野久作劇場とは・・・】
日本ではめずらしい『作家に特化した劇場』。
福岡を代表する奇才!夢野久作を演劇・ダンス・映像・アート・音楽など様々な手法で現代に立ち上げます。今後もこのハコ町屋を拠点に季節毎にオープンすべくこの春スタート!
夢野久作を愛するスポンサーや場所提供のお申し出、パフォーマンス参加者など運営メンバーを絶賛募集中。次回は秋に探偵物を予定。

【日 程】
2018年5月3日〜5日

【日 時】
2018
53日(木・祝)19:00
54日(金・祝)14:0019:00
55日(土・祝)14:00
※受付・開場 30分前
※各回 30名

【会 場】
ハコ町屋
(〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎2-10-34)

【料 金】
一般前売2000円
高校生以下前売1500円
※当日券は+500円
※高校生以下は要学生証提示

【チケット取扱】
PassMarketでの事前購入↓↓↓
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01g76tzgd8me.html


【上演作品】

『ルルとミミ』
■脚本:谷岡紗智(ぐにゃり)
(兄と妹のゆめかわいい)
メルヘンチックな世界観の中で「生と死」を幻想的に描いた童話。兄と妹の美しい愛と悲劇を、九州戯曲賞作家が現代に蘇らせる。

『笑う☆オシオンナ』
■脚本:猛者真澄
(男と女のやみかわいい)
現代にも通じる罪と裏切りの音楽劇。いつか巻き込まれるかもしれない男と女のトラウマ・ドラマ。
◇昼夜別バージョンの内容になります◇
- 昼の部(14:00):女のやみかわいい
- 夜の部(19:00):男のやみかわいい

『涙のアリバイ -手先表情映画-
(大人のゆめとやみ)
出演者は「手」のみ。夢野久作、唯一の映画脚本を活弁つきでおとどけします。金と罪、男のかけひき、女の涙のメロドラマ。


演出:山田恵理香
原作:夢野久作
出演:五味伸之、八尋香菜、せとよしの、猛者真澄(昼の部のみ出演)
主催・制作:空間再生事業 劇団GIGA


【夢野久作(1889年〜1936年)】
福岡出身の小説家。日本三大奇書の一つ「ドグラ・マグラ」をはじめ、「人間腸詰」「少女地獄」などの猟奇・怪奇な世界を描いた小説を多数書く一方、「ルルとミミ」「オシャベリ姫」など、子供向けの童話も多い。父に政治の黒幕と言われる杉山茂丸を持ち、本人は農園経営、僧侶、新聞記者など様々な経歴を持つ。櫛田神社や筥崎宮など、福岡の土地が作品に登場したり、方言で書かれた作品もあり、福岡を愛した作家でもある。


【会場へのアクセス】
■JR:JR博多駅→「JR箱崎駅」(約5分)JR箱崎駅西口から徒歩約10分
■地下鉄:天神・博多駅→「箱崎宮前駅」箱崎宮前駅から徒歩約5分
■西鉄バス:天神・博多駅→九大前行き「網屋町」下車
※駐車場はございません。車でお越しの際は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

【お問合せ】
空間再生事業 劇団GIGA
メール:mail@spacegiga.com
電話:050-5319-9109



Copyright © 2018 spacegiga.com All rights reserved.